勤務の形態

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わります。職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回していることが多いです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を導入している病院が多いのです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年だそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が多くなってきているのです。それに、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。こういった場合には、社員としてその会社や企業に入社することもありえるでしょう。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当にどんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の際の志望動機はこれまでに培った経験を有効活用したいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしましょう。看護師の勤めているところといえば、病院だと思うのが一般の考えでしょう。しかし、看護師の資格を使える職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の務めです。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行います。http://www.ld-enterprise.com

勤務の形態